最先端の航空機用風防・ライティングパネル等の製造・先端複合材成形加工|株式会社フジワラ|会社案内|沿革

会社案内

HOME沿革

  • ご挨拶
  • 会社方針
  • 会社概要
  • 沿革
  • 事業所・アクセス
  • お知らせ一覧
沿革
沿革
1945年 10月15日松島敏雄個人経営による藤原工業所を名古屋市に設立。
ガラスの曲げ加工等を開始。
1955年 アクリル樹脂シートの加工に着手、航空機用風防の生産を開始。
1959年 自動車用合わせガラスの生産を開始。
1962年 西春日井郡師勝町(現北名古屋市)に六ツ師工場を建設。
1973年 六ツ師工場に油圧プレスを導入、FRPのプレス成形(SMC・BMC)を開始。
1975年 住宅用SMC製品の生産を開始。
1984年 自動車用SMC製品の生産を開始。
オートクレーブの導入、複合材の生産を開始。
1985年 六ツ師工場に自動車用合わせ硝子製造工場を増設。
1987年 六ツ師工場に複合材工場を増設。航空機用複合材部品のオートクレーブ成形を開始。
1988年 4月1日社名を㈱藤原工業所から㈱フジワラに変更。
1993年 愛知県春日井市に春日井工場新設、航空機用風防等の製造を移管。
1997年 合わせガラス事業から撤退。
1998年 ISO9002認証取得。
2002年 ISO9001・14001認証取得。
2004年 JISQ9100認証取得。
2005年 旭硝子株式会社より航空機用硝子風防等の業務を移管。
春日井工場にスパッタリング装置とコーティング設備を導入。
2006年 六ツ師工場に複合材成形用のフィラメントワインディング装置導入。
SMC事業から撤退
2007年 NADCAP NDT/Compositeの認証取得
2008年 三菱レイヨン株式会社(現:三菱ケミカル株式会社)より、板加工工程(ストレッチ及びラミネート)の業務を移管
2008年 六ツ師工場にM-1工場竣工(No.3オートクレーブ、AWJ、NDIの設備を導入)
2010年 三菱レイヨン株式会社(現:三菱ケミカル株式会社)より、ライティングパネルの業務を移管
2012年 六ツ師工場にM-2工場竣工 (No.4オートクレーブを導入)
pagetop
 
 
 

Copyright(c) FUJIWARA CO.LTD All Rights Reserved.